さっさと引越し! 移りゆく人生の泡沫を面白おかしく記述することを目標にするBlogです

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPAM SPAM! SPAM SPMA !
 タイトルはMonty Pythonの"Spam Song"より。

 記事にスパムコメントがつくように……。
 ま、それだけならいつも通りに削除するだけなんですが、ちょっと厄介なことに。

 >トミー | URL | 2008/01/19/Sat 10:22[EDIT]
 >KaZuYa | URL | 2008/01/20/Sun 10:16[EDIT]

 イヤなのは、知り合いに同じあだ名のヤツがいるということですな。
 しかも、知り合った国際交流キャンプの友達が最近コメントをつけてくれたという……。
 ついつい連想してしまいます。

 ま、SPAMなんですけど。
 やっぱり削除しますが。
 

 そういえば、今日ぼーっとしながらつけていたBBC Radioで、SPAMを追跡する話がありました。
 ちゃんと聴いてなかったのと、最後まで聞かなかったために非常にうろ覚えですが、ハイテクツールで発信源を追跡したり、取材で自ら業者にSPAMを送るよう依頼して、カネの流れを追ってみたり、会社を調査したりと、適当に聴いていても結構面白い内容でした。さすがだなぁ、BBC。


 ちなみに"Spam"というのは、あの塩漬け豚肉のことなんですが、語源はMonty Python's Flying Circusの"Spam Sketch"から。
 レストランで料理を注文しようとした客が、ほとんどすべてのメニューにスパムが入っている上に、『スパム&エッグの卵抜き』など、実質スパムしか無いことに抗議をしたところ、周りの客(バイキング)たちに「スパム・スパム・スパム・スパム…」とspam songを歌われるという、不条理極まりないコメディなのだが、これが迷惑な広告メール業者の対応にソックリだとして、引用されたことが関係しているんだとか。

 そういえば、同じことは最近読んだ新書『その言葉、意義あり!!』の中でも紹介されていましたが、肝心のスケッチの中身について、何故面白いのかを著者は見逃している!!(英語ネイティブスピーカーなのに……)

 「頼みもしないのにSPAMのようなクズがどんどん襲ってくるというイメージこそ、迷惑メールの"spam"の語源だとよく言われる。」(p95)

 ということだが、これだけではどうして面白いのか分からない!!


 正解は……。


 


 SPAMを歌ってみると、母音の部分が長引くことが分かるだろう。
 つまり、音的にはSPERMに近いものになるのである!!
 そして、Spam & eggの部分のeggとは……。

 聡明な読者の方ならもうお分かりでしょう。
 これ、sPERM & EGG、つまり「精子と卵子」と連呼しているのに他ならない!!
 しかも公共放送で!!
 凄い国である。
 日本で仮に、NHKが「精子、精子!精子、精子」と連呼するようなコメディ番組を作れるか、ということを考えるとよく分かる。「屠殺」「気違い」なんて言葉すら使えない日本メディアとは、天と地ほども違う。
 NHKがもしもMonty Python's Flying Circus並みの番組を作れるようになったら、拍手喝采して誇りに思うんだけどなぁ。


 ちなみにMonty Pythonのメンバーの一人、Graham Chapmanが死に際に残した言葉はこんなものだったということです。(ちょっと不確か。本で読んだのは間違いないので、出典探しときます)
 「俺たちはよくやったよ。公共放送で初めて"SHIT"って言ったんだからな。だが、俺は本当は女王の写ってる前で"FUCK"と言って欲しいんだ

 ……日本のメディアで、こうまで言える日は来るのか?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

???°??ήС
å????Ĺ?\"ή\" å??? ?????????å?????Ĺ????  [続きを読む]
???°??ήС 2008/01/24/Thu 15:22
Copyright © Pearls for Swine. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。